初めに話すことが最も大切

この記事は1分で読めます

本日のテーマ「初期設定の大切さ」です。

先日、皆で集まってたこ焼きパーティーをしました。

私はそういう時、食べるよりもどうすればうまく焼けるかなどを毎回研究して、

スタッフに食べてもらうのが好きです。

性格出ますねm(__)m

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


今回は初期設定の大切さについてお話しします。

初期設定というのは、患者さんやスタッフだけでなく、すべてにおいて大切なことです。

今回は患者さんについてのお話をします。

 

 

 

患者さんへの初期設定とは、どういった方針で治療を進め、治療にどのくらいの時間がかかり、どのくらいの間来院してもらわないといけないのか、ということを明確に示すということです。

例えば、AとBという2つの治療院があったとします。

Aでは「症状が取れるまで来てください」とだけ言われました。

Bでは「症状自体は数回の治療で取れると思います。ですが、痛みの出ない体づくりのための指導をしていこうと思っていますので、痛みが取れた後も10回程度は通院してください。そうすれば、あなたはこの痛みで悩むことはなくなるでしょう。」と言われました。

さて、AとBの治療院、どちらが患者さんが通院してくれるでしょうか?


「とりあえず、症状が治るまで来てくれ」というのは、健康保険が主流の時のやり方です。

現在、治療院業界は金額がどんどん上がり、それに伴って治療の価値も上がってきています。

治療の価値をしっかりと患者さんに伝えられる力、というのも必要になってきています。


患者さんのためになる初期設定をしておけば、売り上げも上がり、院も発展していくと思います。

皆様も、院の方針に沿った「初期設定」について考えてみてはいかがでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 05.16

    大失敗!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る