院内コミュニケーションは院外が重要

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「院内コミュニケーションは院外が重要」です。

9月2日ですが、毎月10万円で徳永を雇いませんか?という話ですが、

ちょっと安すぎましたかね?

ちなみに現場でせっせと働くではなく、

利益の上がるビジネスモデルと構築するお手伝いをする感じです。

現在のモデルに限界を感じている先生、将来このままで大丈夫なのか?と考える方には是非参加してほしいものです。

近々全ての内容を公開して、募集しますので楽しみにしてて下さい

ちなみに開業前の方とかも来ます。

開業して、みんなうまく行っています。

失敗した人はほとんどいませんm(__)m


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


今回は、院外でのコミュニケーションがなぜ絆を深めるのかというお話をしようと思います。

これについてはたとえ話をすると非常にわかりやすいかと思います


例えば、仕事以外で職場の誰かとランチに行ってとても盛り上がりました。

 

 

 

その日が終わって次の日職場に行くとその方が別人に見えたり、ランチに行ったことによってその方を深く知り、コミュニケーションの仕方が変わったという経験はないでしょうか?


例えば、飲み会に行ったとき、その方の意外な一面や過去の経験などを聞いて、その方との関係が深くなったということはないでしょうか?

それが答えなのです。


当院では「院外でのコミュニケーションが一番大切だ」という話をしています。

「院外でのコミュニケーション」こそ、みんなの絆やチームワークを高めるポイントなので、できるだけ積極的に参加してほしいと伝えています。


仕事の計画を話し合うのはミーティングや会議だったりするわけですが、それだけではうまくいかないのが現状です。

なぜなら、院というものは“人”が運営しているからです。

この“人”が気持ちよく働けるような、この“人”たちのために頑張りたいと思えるような環境・仕組みを作ることが大切なのです。


皆様も男性であれば生ビールを片手にしながら、女性であれば景色のいいところのランチに行ってみましょう。

落ち着く場所や笑いのある場所など、お互いが開放的になれるような場所でコミュニケーションをとると、それまでとは違うコミュニケーションの取り方になりますし、そこから絆が深まっていくと思います。
そういった環境の中で日ごろ話さないようなこと、過去の経験等をスタッフと話してみてください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る