うちの社員は本当に尊敬します。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「期待する頼りにしよう」です。

先日3年ぶりにあるセミナーに参加しました。
そこで、気付いたことを皆さんに今日はお伝えします。

音声はこちら
http://doctor-ex.jp/Lc391/12941



おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

今また、チーム作りを必死でやっています。
3年前にあるセミナーに参加し、それを社内の中に落とし込んでいるのですが、
3年前に受講した時に、チームがよくないとこうなる、、、というのがありました。

コミュニケーションのミスマッチ
チームの信頼関係の欠落
共謀状態、争い事がある
個人の結果主義
モチベーションの低下
離職率が高い

セミナーの時に上の文章が票になっているものがありました。


3年前その表を見た時!!!!!


「これは、うちの組織(会社)だー!!!(*_*)」

と思ったのです。

一番は、かなりの個人主義だったことです。

1人の力をあげると、みんなが付いてくる

と思っていました。

俗にいうハンカチの法則というやつですね。


優秀な経営者の方から、7,8年前に聞いたことです。

とくなが先生、先生はみんなをあげようとしていますが、それではだめです。
ハンカチの法則というものがあります。
それは、真ん中の部分をつまんであげるとハンカチは上がります。
風が吹いても飛びません。
しかし、下から手を入れてあげようとすると風が吹くとすぐに飛んでいきます。

そういわれました。

それは当時のスタイルですね。

当時は創業時のエネルギーで爆走しないといけないので、
今はルールが違います。チームのエネルギーも変わりました。
今のチームは個人の力ではありません。チームの力が大切な時期です。

そして次のステージは。。。

実は次のステージがあるのです。それを今社内で取り組んでいます。
個人もチームも上げながら
人としての根本にある部分を育てる事

その社内セミナーをやっています。

かなりチームは変わりました。


話が断線しましたが、
そして今3年ぶりにそのセミナーを受けたのですが

そこで、同じ表がありました。

それを見て、いつの間にか、うちでは改善されていることに気付いたのです。

あーいいチームができているのだなあ。
でもまだまだ、足りない部分もあるなあ。

とセミナーを受けながら思いました。

僕は社員教育の中でもセミナーのように教えることが好きです。
相手が求めるものに気付き、自分自身でメスを入れてもらう。
自己啓発、自分自身を高められる人間になってもらう。

それをぼくというきっかけでなってもらうもしくは、
うちの会社を通してなってもらうといいなあと思っています。

チームが崩壊した時は、僕はそこを怠っていました。
そのおかげでいろいろな気付きがありました。
本当にチームの崩壊は、悲しいことだと思いました。

時に今年1年は理念も新しくより深くみんなで作りました。
クレドも少しだけ調整していきました。

とにかくいいチームで地域に必要とされていきたいです。

それでは!!)^o^(

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る