「「「ノウハウ・スキルより大切な人としてのあり方」」」について

この記事は2分で読めます

10月19日(日)、福岡で、中村文昭さんとダブル講演もうすぐ満席!!!     年間300講演を行う中村文昭さんとダブル講演をしますが、予定は空いていますか?     私は中村文昭さんの一人のファンです。 CDとかDVDとかほぼ全部持っている。 初めて文昭さんの講演を聞いた時の事をいまでも覚えている。     何の為に自分が整骨院の先生になり経営者になったのか? 何の為に生きているのか? 何の為に会社は存在するのか? そんな問いかけを自分にしたのを覚えている。     当時何も考えていなかった私。 なんとなくただ「大分で一番の整骨院を創る!そして全国で注目される整骨院を創る!」 その野心だけで突き進んでいた時期だ。     そんなあるとき、スタッフとミーティングしている時に、 あるスタッフが、私にこんな質問をした。 「院長は、何の為に整骨院の経営をしているんですか?」 「・・・・・・そんなことお前に話す必要はない。」 恥ずかしい話私は答えられなかったのです。 タダの野心で、突き進んで、結果を出すことだけに集中していた。     ある方にその話をしたら   「初めのスタートは、それがいい。でもある時、 自分の軸が決まる。その軸が決まれば、 本当の経営者になれるし、人として大きく変わるだろう。 壁にぶち当たるまで、野心で突き進め。」     そういわれた。     その壁に見事ぶつけてくれたのが、そのスタッフと同時期にたまたま参加した中村文昭さんの講演だった。 文昭さんの講演は私の中で、心を入れ替えなさいと言わんばかりの内容だった。 何の為にというのが一番印象にあったがその他・・・ 頼まれごとは試されごと。 予測を上回る事が究極のサービスだし、社員教育。 信頼している人にはno!はない。       ・・・・・様々な私には当時全くなかった気付きが合った。 それから約5年たち、ある時また文昭さんの講演に行った。 5年たって、私も成長していて、初めて聞いたときとはまた違った視点で聞くことがでいた。 また違った気付きが合った。 そして講演終了後私は行動に出た。 「文昭さん今度福岡で一緒に講演会しませんか?」     私の強みは、空気が読めないところです。 よく言えば行動派?とでも言いますかね?     そんな一歩で文昭さんと同じステージで講演ができるようになった。 有名な方と一緒に講演会をするという夢がその時一瞬で実現した。 ちなみに私は、この7年間順風満帆な時期もあったが、ものすごく大変な時期もあった。 その私の失敗談を多く今回は話す予定だ。       皆様是非参加しませんか? もうすぐ満席です。       「「「ノウハウ・スキルより大切な人としてのあり方」」」についてお話したいと思います。 今すぐお申し込みを!もう満席になりますので、お早目に! http://goo.gl/TQS4eW
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.3.12 東京
『桑原正守・徳永拓真による治療院向けグループコンサル』開催

2017.5.14 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.5.21 東京
『徳永拓真による整骨院経営セミナー』開催

2017.6.4 東京
『教育道場』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る