MENU

一流と超一流を分けるほんの少しの差

一流と超一流を分けるほんの少しの差

メールお問合せ

一流と超一流を分けるほんの少しの差

世の中には一般的に成功者と呼ばれる人たちがいます。 しかし、世の中にはさらにもっと上の 圧倒的な成功を残している人がいるのも事実なのです。 その2人をわけるほんのちょっとの差とは?     先に言います。 私は成功者レベルが何段階かあると想っています。その方で今回は二つのレベルについて話します。 (もちろん、自分でもまだまだだと自覚してますが。。。いやありすぎます。汗) 私は、決して一流の成功者でもなければ、 超一流でもありません。     この話は私が普段からメンターの一人にさせて頂いている 本当の超一流から聞いた話です。 彼は2代目の経営者で年商7000万の会社(家業)を リタイヤまでで約年商350億の企業にしてしまった本当の意味での 超一流です。 (桁が違いすぎて意味不明ですよね^^ちなみに今は、息子さんの代に変わってさらに・・・恐ろしいですね・・・・)     そんな彼が一流と、超一流を分ける ほんのわずかな意識の差を教えてくれました。 彼曰く、自分の強みを活かす方法を分かっている人は わりと簡単に一流まで行けるというのです。 しかし、本当の超一流は自分の弱みを理解し、 それを強みに変えていける人だけが到達できると 言います。   つまり、意識の段階で強みにフォーカスするか、 それとも弱みにフォーカスするか?? の差であるというのです。   ちなみに、その彼は、 自覚している強みがないらしいです。(私から見ると・・・強みだらけですが、確かに弱みと自覚していることろを強みに変えています。)   ちなみに彼の弱みは、 体が弱い。(手術を何度もしています。) 臆病者で、チャレンジ精神がない。 頭の腫瘍のせいで、記憶力がない。記憶力がない。 エネルギッシュではない。 スタッフをやる気にするのが得意な方ではない。 コミュニケーションが苦手で、営業をしても全然売れない。 ・・・・     正直私から見ても、個人の能力がそんなに高いのか?というと・・・ これは失礼かもしれませんが、個人の能力は負ける気がしません。 (すみません<m(__)m>)   しかし・・・・組織を創る力、大人数をその気にさせる期待や、皆が喜ぶ仕組みの考えるのは、 勝てる気がしません。     その彼話は、 正直私には耳が痛い話でした。 何故なら私は自分の強みを活かそう活かそうと これまで頑張ってきたからです。。。   正直、私は個人の能力(マンパワー)は普通よりも多少高いと思います。 (謙虚じゃなくてすみません。) しかし、所詮一馬力です。バンプカーが一台よりも、 50台の軽トラの方がいい仕事をしますよね。 私は今までダンプカーの性能を高める事ばかりやっていました。     もちろん別の考え方もあると思いますし、 これが全てだとは思いませんが、 やはり結果を出している人が言うと まったく違った重みのような物を感じている自分もいました。   この考えは超一流になるために必要なだけでなく、 成功するためのアプローチとして すごく大事なメソッドを含んでいると思います。 もし、今すでに伸び悩んでいる自分を感じていたりするのであれば 一度参考にしてみてはいかがでしょうか?^^       もう少しで締切です!! あの成功した、超有名人のお話を聞いてみませんか? →http://goo.gl/pidutt
  • lineシェア
  • fbシェア
  • twシェア