成功の”陰”の部分を受け入れる

この記事は2分で読めます

占いに行ってきました。

厳密にいうと占いではありませんが・・・・・  

 

今日は成功にまつわる陰と陽の話を していきたいと思います。    

 

実は先日、神戸に居を構える高名な占い師さんの ところに行ってまいりました。

(厳密にいうと占いありませんが・・・分かりやすくいう為にそういう表現をしました。)  

 

占いとか・・・って私も正直思っていました。

当たるとか当たらないとかそんな事には興味もありません。  

 

大切な事は、未来に問題を最小限にとどめる事と、

どのタイミングで攻めるのかの統計学の視点からみるイメージです。  

 

ちなみに、私がその世界に興味はありましたが、機会がありませんでした。

きっかけはこの言葉でした。  

 

億万長者は、占星術を信じない。しかし、大富豪は活用する。  

という記事がニューヨークタイムズにのったということがきっかけです。

あと友人にもその話をしたら紹介してくれました。    

 

そこで、ありとあらゆるいろんな方法と方向から 徳永という人間を見てもらいました。

(見える人にはあれで何か見えるのでしょうね!^^)  

 

詳しい内容については・・・秘密です。笑  

 

ただ、そこで一つだけすごく面白い気づきがあったので 今日はその話をシェアしたいと思ったのです。    

 

というのも、

その方が言うには 「あなたは成功したいと願うのなら陰の部分も手に入れたいと願うべきで、今は矛盾した事をしている」

と言われたのです。    

 

ん???どういうこと??? と思いませんか?    

 

誰も陰の部分を望んで手に入れようなんて思わないですよね?  

 

ただ、その方曰く、 物事は全て陰と陽で成り立っている、

つまり、陽の部分だけを得たいと思うから失敗するんだ、 というのです。    

 

例えば、 成功したいのであれば、孤独になるという可能性も受け入れようと しなければならないし、

お金持ちになりたいのであれば、もしかしたら友達を失う可能性もあるし、

彼氏が欲しいのであれば、自分の時間というものを失う覚悟を しなければならない、

とこういった部分の話です。  

 

確かに私はこれまで陽の部分だけを手に入れようとしていました。

 

悪いことは自分には降りかかってこない、

自分だったら上手くやれる、 そういうふうに考えていたのです。  

 

しかし、やはり真理といいますか、 全部を手に入れようということは、

つまり悪い部分もちゃんと受け入れる、受け止める覚悟が できることをいうそうです。  

 

その事実を受け入れられないまま、

良いことだけを望んでも結局は何も手に入らずに 失敗するということなのでしょうね。  

 

世の中の経営者さんのほとんどは この罠にはまっていってしまっていると思います。

 

しかし、これまで良いことばかりが手に入ってきたでしょうか?  

何かを達成するために失ってきたものも多いと思います。

(例えば自分の時間とか、家族との時間とかですね。^^)    

 

逆に言えばこの陰の部分まで受け入れることができることに 対しては、

一気に達成できる確率は高まると思います。  

 

「むしろ影の部分を心の底から”受け入れたい”とまで思わないと本当の成果は手に入らない」 と私は想いました。    

 

ちょっと、なんだか哲学みたいな話になったしまいましたが、

一度自分のことを振り返るいい機会にもなったので、 是非皆さん一度このことについて少し考えてみてはいかがでしょうか?    

 

成功の影の部分を手に入れる!手に入れたいと思う!それを心から想う!

 

中々難しいですが、今からやります!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.3.12 東京
『桑原正守・徳永拓真による治療院向けグループコンサル』開催

2017.5.14 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.5.21 東京
『徳永拓真による整骨院経営セミナー』開催

2017.6.4 東京
『教育道場』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る