成長曲線を考ええないとダメだ・・・

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「成長曲線を考えないで失敗しました」です。

4月8日不妊セミナーを開催しますが。。。

ランディングページがもうすぐできます。

既に不妊整体を導入している先生や、

これから考えている人には、最高のシステムセミナーになると思います。

技術は色々ありますが、技術抜きにして、妊娠しやすくする仕組みを話します。

楽しみに~~~

今年も当院から妊娠する方がバンバン出るでしょう(^^)/


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

昨年の11月からの当院のメニューについての成長曲線を見て、当院の理念に沿った新しいメニューを入れるべきかや、どういった戦略をとっていこうかということを考えました。

やはり、新しいメニューを導入するタイミングというのは非常に重要です。
当院も開業して11年経ちますが、開業当初のメニューはもうありません。

どのようなビジネスにも成長曲線というものが存在します。

成長曲線とは導入期・成長期・成熟期・衰退期の4つの時期からなる、ビジネスの寿命のようなもので、それを踏まえながらメニューを考えていかなければなりません。

当院では自費移行などについて、本来であれば5年前に始めておくべきだったのですが、実際に動き始めたのは2年前で3年ほど遅れて始めた結果、治療の方で痛い目を見ることになってしまいました。

今も寒い時期なので売り上げが上がりにくくなっていますが、こういった状況では新患さんをターゲットにした戦略ではなく、旧患さんが戻ってくるような戦略を重視することによって少しずつですが当院も変わってきたなと実感しています

皆様もいろいろな戦略やメニューをお持ちだとは思いますが、あと数年もすればそのやり方が全く通用しなくなるかもしれないということを前提に、次にどういったことをしていこうかということを考えてみてください。

以前と同じようにやっているのに、売り上げが微増もしくは横ばいになってきたというタイミングで新しいメニューを導入できるようにしましょう。

今の時代3年から5年ほどでメニューを変えなければならない時代になっています。

フルモデルチェンジは大変だと思いますので、常に少しずつ変化させ、マイナーチェンジを2年に1回というスパンでやるという流れを作ってみましょう。

今あるものを残しつつ、新しいメニューは新規の方に向けてやってみてください。

こういった努力をしていけば、10年経っても20年経っても生き残れる院になるのではないかなと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る