自費移行に存在する5000円の壁

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「知っているか知らないかで大きく変わる」です。

今回は自費移行の壁のお話をしていこうと思います。


最近様々な先生が自費移行を行っていますが、、、

その中である法則を見つけました。


それは・・・

5000円の壁です。



おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


先生にもよりますが。。。

結構これは周囲の先生から感じますね・・・・・・

 

 

それは、「5,000円を超えるサービスというのは非日常の金額になる」という“5,000円の壁”のことで、この壁を超えるにはリピートの戦略・非日常や治療以外の価値の提供などかなりの力が必要になります。

例えば、「おしぼりやお茶を出す」「症状にあった内容をまとめたファイルを渡す」など、他にはないサービスに力を入れなければ、5,000円以上の価値は生まれず、壁を超えることもできません。

ある先生が自費移行の際に「“20分約3,000円”から“30分5,400円”に変更したら、リピート率がすごく下がってしまい困っている」という相談を受けました。その時、私は「“25分4,500円”でやってみてはいかがですか?」と提案してみたところ・・・・・


後日その先生から「リピート率がとても上がった」という報告を受けました。

これは地域によるとは思いますが、治療の時間の問題ではなく料金の問題であるということです。

“30分5,400円”の方が満足度の高い治療ができるはずなのですが、患者さんには“25分4,500円”の方が価値があると判断されたのです。

私はこの差が、「日常と非日常の差である」と感じました。

こういったことを考えながら、自費移行をやっていただくといいと思います。

完全保険依存でされているところは、5,000円以上のメニューを作ってもいいですが、それをメインにしてしまうとかなり厳しくなると思います。

院長一人でされている場合は、好きにしていただいて構いませんが、スタッフさんがいる場合は慎重に考えなければなりません。


すでに5,000円以上でやっているという方は、他にはない魅力があるという認識をしていただいて、なぜ5,000円以上なのにうちに患者さんが来るのかを分析するとよりよくなっていくと思います。

それでは。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015 06.22

  2. 2016 09.25

    集客は怖い。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る