10年前絶対に無理と言われたことができた理由

この記事は2分で読めます

こんにちは。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

開業して8年が経ち、みんなから

「どうやったらできるのですか??」と聞いてくることがあります。


僕は開業したとき、
「10年後にこんなことをする」っと周囲に話していたことがあります。

そうすると、みんなが笑いました。
同業者は特に
「そんなことは出来る訳がない」と言いました。
それは、どういうことか言うと

 

 

『社員に公務員レベルの給料が払え、
有給もしっかりと消化でき、
社会保険も完備し社員旅行もしっかりと
行けるそんな福利厚生が会社を創りたい』



福利厚生や労働環境もきちんとして残業時間がない
整骨院を作る!と開業前に言っていました。
僕は作りたいというよりも
僕の中では出来ると思っていました。

できないと全く思っていませんでした。


絶対に出来ると自分を信じて、

周囲には無理に決まっている
どう考えてもそんなに売上が出来ないと否定をされました。

ですから私はいくら否定されても
「どうやったら出来るだろう?」と自分へ問いかけ


周囲が否定しようとも
“僕が出来ると思っている事は出来るだろう”と思っていました。


安易に、考えていたのもありますが、僕は出来ると普通に思っていました。

人がしない事は絶対にできると執着もかなり強かったと思います。

そして8年たった今
有給もしっかり消化でき
ボーナスは公務員並みではありませんが支給が出来ていますし、一般の同級生と集まった時には
他の同級生よりは給料が多少高く、年収でいうと公務員レベルの給料が支給できている状態になれました。


もちろん社員旅行も社会保険も完備できました。


10年前、
「おまえは経営をわかっていない。どれだけお金がかかるか知っているのか」
とたくさんの方から言われましたが


僕はそういう世界を作りたかったんです。

そういう会社をつくりたかったんです。


それを10年というスパンで考えていたのですが
実は7~8年で実現しました。

2~3年早まりましたが僕の中では少し遅かった感じかな。


ちなみに今、
僕が今後10年考えていることは

皆が無理だといいます

社員に言ってもみんなが不安に思ってしまいます。
ですので、あまり言わないようにしています。

10年後に対しての成功は、いま結果が出ている、出ていないは関係ありません。
その未来に向かってどれだけの執着心を持って、
自分が作りたい世界を思いながら生きるか
ということが非常に重要だと感じました。

新患スタッフへの執着心というところで
先日うちのスタッフが思っていたことに気づけました。

「僕はリピート率100%を目指しているのです」というスタッフの彼が
リピートに対する執着心がものすごかったのです。

そういえば、僕も10年前にそんなことを思い、結果7~8年で実現したな~。

10年でやると決め、そのための準備をしっかりしたな~。


彼の今持っている執着心と僕の執着心というのは似ているところがあるかもな~

なんてことを思いながらメルマガを発信しました

最近長くなりましたね~~~

お付き合い下さい<m(__)m>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る