分院展開の失敗。

この記事は2分で読めます

こんにちは。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

これから整骨院という業種はドンドン乱立するのは皆様予想付きますよね。

その中でこれから増えるのが、分院です。

もうすでに・・・分院展開を進めて行っているところも増えていますよね。

なんか風潮でしょうが、分院を沢山出しているところがすごいという部分ありますよね。。

 

 

しかし。。。そうは言ってもなかなかうまくいっている人は少ないように見えます。


ちなみに1店舗から2店舗目への展開
これが、一番失敗の確立が高くなっています。

そこで僕が思う、うまくいかない人の特徴というのが、

1~2で失敗する人
2~3で失敗する人
それ以降の人(細かく分けるとまだありますが。。。今日は省略。

僕が色々な方と会い、話をしてきた経験から、その違いが明確になってきているように感じます。

1店舗から2店舗への展開で失敗する人、について今日はお話します

まず、次に挙げるどれかが、欠けています。

1、      スタッフのマネジメント力
 ↑マネジメントのシステム化、教育のシステム化、を高めなければ失敗する確率が上がります。
1番は技術者を手放せない(離職)状況を回避しなければいけません。


2、      トップが現場に入りながら院を経営しているパターン
↑これはかなり確立が高いです!!特殊な例ももちろんあります。例えば現場を抜けて教育ができるスタッフがいる場合等・・・。
 現場に入りながら院を経営することは、かなり厳しいというのが現状です。



3、      マーケティングの知識不足
↑正直1店舗目は、トップのマンパワー(紹介×紹介)でやっていけますが、2店舗目になると、大きく変わってきます。
2店舗目をコンサルティングしながらの経営が必要となってきます
売り上げをあげていかなければいけなくなりますから、かなり欠かせませんね。



細かく上げると色々有りますが。。。

この3つを高めることが、僕が思う失敗を回避できる方法だと思っています。

皆様いかがでしょうか?

どんな準備をしていますか?分院展開をしなくても、以上の部分は必要だと思いますよ~

ちなみにそんな情報をこちらからも公開しています。

もしよかったらつくりかえたので、チェックしてみてください。


怪物育成会員の名前を変更しました。

その名も、「怪物VIP会員メンバー」です。

すでに会員の方は引き続きサービスは続きますし、さらにサービスも良くなってきますので、

お楽しみに~~~


【【【徳永拓真一番お勧め!】】】
*メルマガ会員の半数が入会!

大分の怪物の裏情報を全て公開

・・・こんなに公開してもいいのか?

「「「怪物VIPメンバー会員」」」

当社の最新情報を全て公開します。

特典やサービスはこちら!

http://doctor-ex.jp/Lc391/51041

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 12.05

    求人革命!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る