女性スタッフの扱いが分かりません。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「女性スタッフの扱い方がわかりません」です。

GW、私の実家や妻の実家で、昼間からお酒をみんなで飲んでいたり、久しぶりに仕事をしなかった私・・・・・

こんなGWは久しぶりでした。

その分、連休明けは、仕事が死ぬほどありましたが、一気に片付けました(^^)/

現場のスタッフが嘔吐下痢で、現場に出ながらでも早起きと、昼休みで、ガンガンやりました。

でも昼ご飯を食べるのを忘れましたm(__)m

集中するとこうなりますよね。。。。。

私だけかな・・・・


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


美容のメニューを取り入れるにあたってよく「女性の教育って大変じゃないですか」と質問をされます。


結論から言わせていただくと、私は大変だとは思いません。

また、「女性は面倒くさそう」ということも聞きますが、はっきり言って男性と基本的に同じです。
むしろ女性の方が、チームで頑張る力はたけていると思います。

 

 

ただ、女性が大変だと思わない理由の一つに、私自身がどちらかというと女性の教育に向いているということもあるかもしれません。

人は縦社会を作ってしまうと初めはいいのですが、最終的に終わります。

部活のような先輩後輩の関係は新しい人が入って古い人が抜けていくといった、人が回るようなところであればうまくいくかもしれませんが、それもいずれ限界が来るでしょう。

他にも「女性をまとめるにはどうすればよいのか」と聞かれることがあります。

例えば、セミナーがあったとします。

そのセミナーに男性は利益を求めて参加するのに対し、女性はそこに人がいるから参加するのです。

つまり、利益を求めていくのか、仲間を求めていくのかの違いなのです。


女性のチームを作るのであれば、ミーティングなどの会議を増やさなければなりません。

全員の意見を吸い上げ、全員平等という形をとっていかないと、女性はすぐに派閥を作り始めます。

ですが、私は女性のほうがいいと思っています。

なぜなら、しっかりと話さえすれば女性のほうが頑張ってくれるからです。

また、女性は妊娠・出産・結婚がありますが、それを除けば、長く勤めてくれますし、会社に対しての愛社精神というのも男性と比べて大きいことが多いです。

皆様の受付のおねぇさんたちは(結婚して、子供も手が掛からなかくなった世代)長く働いていませんか?

男性も愛社精神が全くないかといえばそうではないですが、当院では男性は独立を前提に働いている方が多いです。

自分の将来の夢を実現させるために会社の中で何かを達成して自信をつけたいといった考えの人が多いので、女性よりも愛社精神が低い傾向にあるのではないかと思っています


女性をまとめるには話をする場を作り、また話を聞き、同意を得ることさえ忘れなければ問題ないと思います。

そういったことを念頭に置きつつ、皆様も女性の採用を検討されてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る