PPAPではダメな理由

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「PPAPは来年末には消えています」です。

ピコ太郎は来年の末には消えます。

しかし古坂大魔王は、来年の末には消えていないでしょうね。


ブームに乗ってやることは、一時的な成功というか、宝くじに当たるような感覚でしょう。

ビジネスモデルも、10年後を見据えて考えないといけないと最近ピコ太郎をみて感じますね。


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

少し前ですが、バイトの子が社員に上がりたいということで2人から申し出がありました。
一人は、少し前から社員というかたちとなりました。
もう一人は、主婦の子で3人のお子さんがいる女性スタッフです。

うちの今脱毛の担当をしています。

25歳3児の母です。

子供が大きくなったら社員になりたい
夕方までの準社員ということでこれから働いてもらっています。


この2人に新人教育をはじめる

ということで、向かっているところの音声です。

 

 

音声はこちら
http://impulse-ex.com/L2160/c391/62521



新人教育は今年からかたちを変えました。
以前は、

教える

と言う部分が多かったように思います。

今は

引き出す

という事に重点をおいて行っています。


大幅リニューアルですね!(^^)!


なぜかと言うと

・・・


要は新人教育でやったことをスタッフは忘れてしまうのですね・・・。

ですので忘れられない仕組みとしたのです。

それを考えてやったところ
やはり大切なのはビジネスモデルですよね。

患者さんへ、スタッフへ還元ができ
会社としてもしっかりと利益が残る

そういうものでなければ意味がありません」。

必死で分院展開を行っているところがありますが
ビジネスモデルと言うものは変わるものです。

成長曲線というのがあります。
ずっーっと伸びることはなく、いつか横ばいになり必ず衰退していくというものです。

どんなビジネスでも起きます。そこでどんな変化を起こせるのか。

分院展開をしている所は、変化をしづらい。
というのがありますね。

スタッフが多ければ多いほど、変化を嫌う人が圧倒的に多いです。

全員が変化をOKというチームはなかなかないですね。

社員が多いところは、大きなモデルチェンジをするときに基本的に社員が一気にやめます

もし社員教育でそこまで見越してやっていたら、恐らくそのグループは恐ろしく成長するでしょう。

現在分院展開をガンガンやっているところが10年後どこまで残り、さらに成長までしているところは、恐らく3%位しかないと思います。


ちなみにうちも美容も整骨院もビジネスモデルをかなり考えました

はじめは、整骨院が頑張って美容を支えているというかたちでしたが、今は整骨院が売り上げの浮き沈みが非常に激しいというのもあり、
(とくに交通事故の変動)
美容が利益を上げました。

昔は美容も一人のスタッフで300万と言う数字を出したり、全くなくて70万だったりした時もありました。

そこに問題を感じしっかり安定化しキャッシュフローを確保するビジネスモデルに変更しました。

患者さん、スタッフに還元し続け
会社の利益も上げ続ける。

そんなモデルを作ることにより給料も上げる事ができました。

すばらしい会社はいくらでもあるかと思いますが、良いビジネスモデルがないこところがあるのです。
会社の中身は素晴らしくても、仮に2980円のマッサージだけでは厳しいかもしれません。
なかなか社員を幸せにすることは難しいと思います。
ビジネスモデルありきで会社の中身を考えないといけないな、と感じています。

皆様も、利益のあがるモデルを見直してみてくださいね。

今日も音声を聞いていただきありがとうございました!(^^)!


PS:美容道場の一期ではなく、二期の動画がいいと数名の方から言われまして・・・悩んでいます。

ちなみに15万円という費用でもほしいという方何いますか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る