面接が厳しすぎる?

この記事は2分で読めます

こんにちは。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

現在、美容スタッフの結婚により一人退職。
先のことを考え2人採用しようと、面接を行っています。
美容のメニューがかなり好調なので。。。

しかし、、、



最終面接に上がってきては僕が「バッサリ」と不採用!!

ということの繰り返しです・・・


職場体験をしていただき
スタッフみんなにとっては、ある程度オッケーだということですが

僕の中では

「うーん・・・ナシ!!」という感じでバッサリといっちゃっていますね。

 

 

あまりにこれを繰り返していますので、ついにスタッフに怒られてしまいました(;^ω^)


『とりあえず、採用をして教育していったらいいのではないでしょうか!!??』
と言われています。

教育をするのはスタッフみんなですから
大変なのはみんなですよね。
そのスタッフ達に迷惑をかけたくはない、と僕は思っています。

結構厳しめにしています。

まあ、昔と比べてハードルは上がってきてはいると思います。

面接では、必ず僕がその方の色々な過去を聞いた後に
これだけはみんなに言っておかなければいけないことがあります。うちは結構厳しいところですよ。」
というような話もさせていただいています。

簡単に


高校野球で例えると

県でベスト8に入ることが、目標のチーム
県で優勝し甲子園に出ることが目標のチーム
甲子園でベスト8に入ることが目標のチーム
甲子園で優勝することが目標のチーム




あると思います。

甲子園で優勝することが目標のチーム、

要するにPL高校や横浜高校みたいなところですね。

うちはそんなチームです。
入るのにとても大変な厳しい思いをする、練習も厳しい、自主練も自分でしなければいけない

与えられたことだけではなく、自分自身で高めていく事

そういったところが、他のところと全然違います。

こんな風にそれなりに、脅しまして・・・

他のところで働いた方がいい!!とはっきりと伝えています。


そんなキツイ思いをしてまで、うちに入る必要はない、と伝えています。

それでも、このチームに入って盛り上げでいきたいという覚悟がある人以外は無理だという話を必ずして

「この、相当な厳しさが伝わりますか??」
という感じで
かなりじっくりと時間をかけています。

短くても1時間
長い時は2時間くらいかけて行っています。


それぐらい、時間をかけないとその人の本心に触れる事はできません。
本当のうちの厳しさも伝わらないと思います。
特に社長が嫌い、合わない、という人はやっていくのは難しいのではないか、と思いますね。

じっくりと話をして、会社の表だけではない裏の見えない努力を見てもらい
脅しをかける(笑)ことにしています。


その結果!!!
バンバン落ちます(?Д?;)

30人くらい面接をして1人採用になるか
多い時で70人位面接をしています。


かなりハードルの高い採用基準となっています!(^^)!

そこまでして本気の人を採用したい、という思いが僕の中にはっきりとあるからです。

採用しても現場に迷惑をかけるのは目に見えています。
入った時のスタートダッシュの違いは明確です。

今後もどんどん高めていき、色々なことをクリアしていきたいと思っています。

本当に楽しいチーム作りの為の厳しい採用の部分だと思っています

スタッフからは

まだか、まだか・・・と言われています。
もう2ヶ月以上も求人をかけているけど、徳永はまだ駄目なのか!!??と言われています。


けど、僕はまだ納得が出来ない。


いくらスタッフに言われようが
「おまえたちに迷惑をかけるようではいかん!!」と頑なに言っています!(^^)!



・・・


誰か、いい人いませんか・・・??


いい人いたら、紹介してくださいね!(^^)!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る