求人は健康保険を扱っていると集まりにくくなる!?

この記事は2分で読めます

不妊整体DVDの質問が来たのでお答えします。

「グループ院を経営しているのですが、不妊は難しくスタッフにはできないというイメージがあるのですが、実際どうですか?」

私の回答は、スタッフでもできる仕組みを作っています。

です。

治療だけでは厳しいので、生活指導などを全て伝えるテキストを患者さんに渡しながらやっています。

つまり今入ったばかりのアルバイトの学生でもできるレベルです。(指導は)


治療技術は、一日あればできます。がこれは個人差があります。

あと感覚をつかみ、精度を上げるのに数が必要とく感じです。


うちはスタッフと練習して、勉強会をして、大体一か月もあれば今のスタッフでもできるレベルになりました。


皆様も是非・・・

実は大手の不妊に興味を持っている方がいます。

大手も結構健康保険依存に問題を抱えているようです。


今はいいが、これからどうなる?と・・・・・


本日のテーマ「求人は、健康保険を扱っていると集まらなくなる」です。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

今後の求人の動向についてお話したいと思います。

今、求人は大手が牛耳っているような状態ですが、これが大手も厳しくなってくると私は思っています。

現在牛耳っている大手の中でもよりさらに厳選された大手が牛耳っていくと思っています。

そのより牛耳っていくところがどんなところかというと、ほぼ健康保険を使っていないところです。

 

 

今の柔道整復師は、健康保険を使っているとリスクがあるということを学生の時点で感じ始めています。

健康保険を使っているところでは自分の免許が危うくなってしまうと感じ、就職先として選ばないという状況になっていくでしょう。

10年程前から少しずつ自費が入り始めましたが、今では自費をやっておらず100%健康保険というところは、生きている化石かというぐらいかなり珍しくなりました。

今から、10年後には間違いなく健康保険が今の3分の1程度になっているでしょう。

その10年を考えて経営をしていくのに、「今の状態ではまずい」ということに気が付いていない方も少なからずいらっしゃいます。

ですが、私の周りのグループ院を経営していらっしゃる方は、今のやり方に疑問を持っていて、「このままで大丈夫なんだろうか」という不安をもってやってらっしゃる方が非常に多いなと感じます

グループ院は特に大変ですが、新しいメニューを取り入れ、新しいやり方で新しい成長曲線を描いていくことが大切な時代になってきています。

今のままではいけない、健康保険はよくないということを感じ取ってください。

これからの求人はしっかりと自費で経営し、多少高額でもしっかりと治せる院に、柔道整復師が本当に治療家として技術を学びに来るという昔のスタイルに戻るのではないかと思っています。

せっかくお金をかけて苦労してとった免許を守るためにも、健康保険を扱っているところには人が集まりにくくなるでしょう。

皆様もこういった問題意識をしっかり持って、新しい成長曲線を描いていってほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る