社員との面談よりも交流

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「社員面談で失敗する人しない人」です。


あと、私のリムジンを初公開します。



おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

先日スタッフみんなで、ここに行きました。

本当に笑いすぎて、楽しすぎて、笑泣きましたm(__)m

 

 

 

ここです。

http://doctor-ex.jp/Lc391/62151


良く社員面談をしています!という人は多くいます。

私も院長と副院長や美容のしリーダーの方とはします。

でも基本的に、仕事以外の繋がりが薄いのに面談をして仕事の話をしてもダメですね。


以前私も仕事の話ばかりでした。

しかし今は少し仕事の話はやるときはやる、やらないときはやらないようになりました。

実は、ここはストーンマーケットという会社が運営しています。

九州の人は知っているし、パワーストーンのお店で、全国に131店舗を展開する福岡の会社です。

http://doctor-ex.jp/Lc391/72151

ちなみに、ストーンマーケットの社長の自家用車です。

たまたま私たちが、ここで遊んでいたらでかいリムジンが来たので・・・・・

もしやと思ったら案の定社長の車でした。


個人的に撮影しました。

自家用車リムジンかよ・・・・・・

http://doctor-ex.jp/Lc391/82151


運転手さんが特別に見せてくれました。


ちなみに、某先生が、私の車ですけど、みんな見ていっていいよと意味不明なことを言っています。

しかし、リムジンの自家用車は始めていましたね。。。


すごいな。。。。。


さて、何が言いたいかというと、


社員と共に同じ場にいて、同じ体験をするとチームの一体感は高まります。

日ごとできない話も沢山出来ますし、意外な一面も見れます。


ただ食事会だけではなく、飲み会だけでは、なかなか一体感は生まれにくいと思います。

お酒飲めない人もいますしね。

一緒に笑って、同じ体験をして初めて本当の絆ができるような気がします。


そして、この同じ体験を通して、一緒に泣いて笑って、楽しんでの体験があってから面談がやっと役に立ちます。


面談だけで仕事の話だけしててもダメですね。

うちの会社は正直かなり社風はいいと思います。

他の会社と比べてですよ。


でもその原動力はここに時間とお金と使っていることにあります。


皆様どうでしょうか?


PS:こればっかりやると面談もあいまいになるので、バランス感覚を忘れずに・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.7.9 東京
『自費移行フォローセミナー』開催

2017.7.23 名古屋
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.7.30 福岡
『徳永式治療院売上UPセミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る