リピートはそもそも基本的な整骨院の考えでは厳しい

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「リピートはそもそも基本的な整骨院の考えでは厳しい」です。

10月の売り上げ見込みをスタッフに聞きました。

10月は、美容部門は過去最高になりそうです。

二院で、900万円近くの売上になる見込みです。

治療が完全に超えられていますm(__)m

本院に関しては、美容だけで550万円は超えているそうです。

治療がどれくらいになるか?ですが、恐らく1000万円の売上にはなるのでは?と思っています。

一院1000万円モデル、分院は一院800万円モデルです。

しかし治療はまだ伸びます。


事故無しで一院500万円の実費売り上げで行けたらと思っています。

(スタッフ3.5人で。)


来年はその実行に移すべく、現在準備中です。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


それでは、前回の質問の回答の続きをお話しします。


メルマガを読んでくださっている方から「必ずリピートしてもらえるような、必殺トークは何か」という質問を受けました。

 

 

 

答えについては前回お話しした通り、どのような院かによってトークの内容は変わるので、答えはありません。

リピートについて重要なのは、リピートする商品を扱っているかどうかということなのです。

前回では、リピートアップの秘訣は健康保険以外の商品、ウォンツの商品を扱うことだとお話ししました。


リピートしてもらえる商品とは、どんな商品なのかというと、病院では見放されてしまった症状についてのものなのです。

例えば、変形性の膝関節症や股関節症といった病院で手術が必要と言われるような症状、また、難病と言われるような症状、五十肩などがあります。

さらに、美容にかかわるものとして産後の骨盤矯正や猫背矯正なども挙げられます。

つまり、患者さん自身が1回や2回では治らないと認識しているものを取り扱うということです。

長い期間をかけてその患者さんが悩まされていた症状を改善できるという商品を扱うことが大切なのです。


これには、毎回同じ施術をしていてもなかなか改善していきませんので、様々な施術を勉強する必要があります。

その中で、商品ごとにあったトーク術を学んでいき、実践することが重要であると思っています。


もともと改善に長期間かかる症状についての商品を扱い、「この人の人生を変えるんだ」という意識を持つことによって自然とリピート率も上がるようになるのです。


リピートしてくれる仕組みを作るのも大切ですが、その前提である商品についても考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る