自費移行は経営者がいれば気合でOKしかし。。。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「自費移行は気合で行けるのは経営者だけ」です。

当院も初めは苦戦しました。

スタッフは慣れるまでということですね。

また色々メニューもいじっていじっていじり倒して、

なんとなく形になってきました。


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


スタッフに気合で自費移行を強要すると確実に失敗します。


自分と同じ思考とスキルはありません。

そこはいい意味で諦めて仕組みを作るべきですね。

 

 

今回は「自費移行の苦戦」というお話をさせていただきます。

当院も正直なところ自費移行にかなり苦戦しております。
(苦戦と言ってももう解決方向には向かっています。)

金額を約2.5倍~3倍にしましたので、リピート率や実費の契約率などに影響が出てしまっています。

スタッフも慣れていないので仕方のないことなのですが、スタッフ自身に自信を持ってもらうためにも「前と同じような数字を出せるようになってくれ」と言ってはいますがなかなか難しいところです。

ここで経営者としてできることはやはりビジネスモデルを作っていくことになります。

そんな中、実費の話をしていく中でスタッフがある画期的な新しいメニューを作ってくれました。

私がずっと経営的な部分の話、もっと言えば分単価の話ばかりしていましたので、その部分をとても意識して作ってくれたようです。

当院では20分の予約枠を設けていますが、新しいメニューではそれとは別にもう一つ予約なしで約15分ぐらいで以前の治療ができるようにしたのです。

長年調子が悪く何とか治さなければならないといったしっかり治療をする人の場合は、20分枠で2,800円から3,500円といったある程度高い金額に設定したコースを作っています。

15分枠の方は1,900円から2,400円程度でのメニューを作りました。

これに関しては実費のみで考えると正直なところ分単価は下がってしまいますが、仮に保険の請求をすると分単価は大体同じぐらいになります。

8月のお盆明けから料金改定などもしており、リピート率もよくなってきているという話でしたのでこれからが楽しみです。

あとは、結果が出るのを待つだけです。

やっぱりスタッフは慣れるのにどうしても時間がかかります。

経営者が現場に居れば、スピードはアップするのでしょうがよくやったと思いますね(^◇^)

今回はスタッフからの提案でしたが、やはり経営者としてはビジネスモデルをしっかりと作りそれをスタッフに提案していくということをやっていかなければ、長く収益を上げるということは難しいと思います。

患者さんの治癒率も良く、スタッフも自信を持て、会社にも利益が残り、それを社員に還元できる、そういったビジネスモデルを考えてみていただけたらと思います。

当院も試行錯誤しながら4月・5月あたりのビジネスモデルから変わり、だいぶ完成に近づいています。

リピート率もお盆明け以降、改善の兆しが明らかに出ていますし、実費の契約率や患者さんの笑顔も増えているということでしたので、これを継続していきたいと思います。

今は試行錯誤の時期ではありますが、来年の4月からは新しいビジネスモデルでやっていけるよう今年いっぱい試行錯誤していきます。(美容の方はおかげさまでとても順調です。)

皆様もこういったことを意識しながら、考えてみていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 09.25

    集客は怖い。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

2020.1.26 東京
第5期 カリスマ養成塾 3回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る