人材不足が深刻

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「人材不足が深刻」です。


先日、大分の上場企業の飲食チェーン「ジョイフル」に行ったのですが、

色々と変化していますね。

人材不足なんだなと感じました。


こんばんわ!朝ではなく、夕方に配信します。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

お客さんがいっぱいなのに少ない人数でやりくりして、お客さんを待たせまくっていました・・・

働く人少ないですね!何ですく何ですか?


と聞いたら、

今日はシフトで、来れない方が多くて、どうしてもこんな感じなんです。


ご迷惑おかけします。と・・・


他の店舗からの応援もあるけど足りなかったそうです。。。。。


ちなみに、ジョイフルも、店舗によっては24時間ではありません。

また最近北海道のコンビニは、24時間営業を辞めたそうです。

大分では、深夜は一人でやっているところもあるくらいです。

強盗もウキウキかも知れませんねm(__)m

ちなみに大分はコンビニ強盗は・・・・ほぼありませんm(__)m

 

 

整骨院の問題、というよりすべての企業に言えることかもしれませんが、今巷で問題になっているのが人の問題です。

会社を大きくするためには人が必要で、求人によって将来性のある人を採用し、育てることが重要になってきます。

会社が倒産してしまう原因の一つとして、ビジネスモデル自体に問題があるということもあるかもしれませんが、飲食店などでは人手が足りなくて潰れてしまうということも起こっています。

特に上場してるような大型のファミリーレストランなどはかなりの苦戦を強いられており、24時間営業をしていたのが深夜はお店を閉めるということも出てきていて、人手が足りないということが露骨に現れるようになってきました。

そういった大型の企業では人が辞めにくいように、また来やすいようにスタッフへの待遇を手厚くしているにもかかわらず人手が足りていないようです。

そのような、人の問題を解決するためにはミーティングなどにより、スタッフ自身に「ここで働く」という意識を持たせるなどして、一度雇用した人が長く働いてくれるような仕組みを作ることが重要です。

私自身は治療院は長くといっても7~10年ほどで入れ替わるということは悪いことではないと思っているので、7年ぐらい働いてもらって独立するという形が一番いいと思っています。

整骨院ではだいたい2年すると人がいなくなるといわれています。

皆様も、スタッフが長いスパン働けるような職場環境を作り、人の問題が起きにくくなるような仕組みを考えてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る