実は今月から当院もやり方を変えました

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「同じやり方をやっていてもダメ」です。

最近小学校一年生の息子が長距離の才能とやる気が開花し、週に二回

練習を一緒にしています。

私の健康もいいので助かるのですが。。。

息子が早くなりすぎて、たぶんあと、3年で追い抜かれそうです。

私も現役の体重に戻して、本格的に行こうかと思っているが。。。


仕事がメインなので、今迷っていますm(__)m

週に二回一回2時間なら問題ないか・・・

でもやると決めたら徹底的にやる性格なので、本気で迷っています。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

ついに当院も今月からやり方を変えました。

結果・・・今までのやり方を手放して良かったです。

保険依存からこれで解放されるでしょう。

あと半年で保険が当院からなくなるかもしれませんm(__)m

 

 

 

音声はこちら
http://firestorage.jp/index.cgi?act=download&key=dce3f282ea4548b51153b288b49f2c6896d04ee64c6b94&comoff=21453


ビジネスモデルについてお話しします。
ある方から
「ビジネスモデルってどんなイメージですか??」
と質問がありました。
ちょっとわかりにくいなあって方の為にお話ししたいと思います。

ビジネスモデルの構築とは


天井が決まっている

これがビジネスモデルの器の大きさだったりします。

例えば2980円のマッサージでベッド2台
1時間で1人

そういったものだと10時間で10人
分かりやすく、3000円で計算すると30000円。

1時間で売上3000円のキャパですよね。
仮にベッド3台だと90000万円が一日の限界です。

これが売り上げの天井となります。

100%というのはありえませんので9割でも大変です。
8割だとギリギリです。

だいたい60~70%の間での予約率を稼働させることで天井がある程度決まってきます

1つだけのビジネスモデルでは売上には問題点がありますね。
整骨院1つ1つの売上の柱を構築していかなければいけません。

飛行機と同じです。
席数は同じで、1つ1つの単価を上げていく3つ以上の柱がないといけませn。

スーパーシートがあったり、ビジネスクラスファーストクラスがありますよね。
100席のエコノミークラスがある。
25席のビジネスクラスがある。
10席のファーストクラスがある。

これが135席全て10000円だとすると売り上げのキャパは135万円ですね。

これが席によって金額を分けることによって同じ渡航時間で
エコノミークラス1万円
ビジネスクラス4万円
ファーストクラス10万円

つまり売り上げは300万円になります。


仮にエコノミークラスを11000円にしたらどうなるのか。

これ310万円のキャパになります。

こんな風に計算してみる。

そうすることにより天井は上がっていきます。

天井があがれば集客がたいへんだと思われがちです。
実は、そうでもありません!(^^)!

しっかりとリピートの事を意識してやっていけば実はそんなことはありません。

あまりに単価(天井)をあげすぎると影響はありますが・・・。
10%くらいだと影響はありません。

神田昌則さんも言っていました。

ほとんど同じ商品なのに、パッケージを変え、中身を少し専門的にして高額な商品にするだけである一定数その高額商品を買う人がいる。
プレミアとか、そういうものが好きな人はいるということです。


航空会社もほとんどファーストクラスで儲かっているようなものです。
(私は乗ったこともありませんが・・・・)
エコノミークラスは宣伝のようなものです。


皆さんも是非売り上げの天井を高めていくこと
そのためにどうしたらいいのだろう



そうしたことを考えてみてくださいね。


今日もお聞きいただきありがとうございました!(^^)!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 12.05

    求人革命!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る