自分に問題がないと思うことが一番の問題

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「自分に問題がない事が一番の問題」です。

自費移行でうまく波の乗れていない方。

自費移行を考えている方。

自費メニューを増やそうと思う方。

必見のセミナーに募集開始(^^)/

楽しみに!

今回結構参加された方は、参加した次の日に参加費を回収できる。。。。

さらに。。。。。永続的に売り上げを上げる事ができる仕組みを差し上げます。

私の失敗から生まれた最強ノウハウです!

お楽しみに!
ちなみに、他院でも実証済みです(^^)/


http://doctor-ex.jp/Lc391/14611


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


ある本の一説がずっと心に残っています。

その一説とは、「自分に問題がないと思うことが一番の問題である」というものです。

人は自分に対してよくない出来事を、ついつい周りのせいにしてしまいがちです。

そのことに対して、「あいつが悪いから」「社会が悪いから」と環境や他人のせいにし、自分には問題がないというように考えてしまうのです。

このことは、最近私の身の回りで起きたある体験がきっかけで改めて感じました

 

その日、私は友人とランチをしていました。

その友人が「最近何もかもうまくいっていない」というのでよくよく話を聞いてみると、うまくいっていない原因をすべて周りのせいにしているように聞こえたのです。

そこで私は彼に「例えば、もし仮の話だけど、自分が少しだけ変えられるとしたらどんな改善点がある?」という質問しました。

そうしたら、彼の口から結構な数の回答が出てきたのです。

「本当は自分でも、自分が悪いことに気が付いているけど、自分を正当化するために周りをおとしめることがあるんだな」と感じました。

帰り際には「自分に問題ないと思うことこそが、一番の問題らしいよ」とその本の一説を言ってお別れしました。

この帰り際の言葉が彼にどう響いているかはわかりませんが、うまくいっていることを願っています。

いつまでたっても周りのせいにしていては何も変わりません。

いかに自分を磨くのかということが大切なのです。

他人に「こう変わってほしい」と思っていても変わることはないのです。

変わらないのであれば、自分の解釈を変え相手の見え方を変えることの方が簡単そうではないですか?

私自身、社内で特にスタッフに関して思うところはあったりしますが、それはすべて自分に問題があったから感じることだと思うようにしています。

実際、採用したのはほかならぬ私自身ですから。

スタッフ側からしたら、自分は雇われている身で、その会社に入っているわけですから、自分が変われば何か変わるかもしれない、すべては自分次第なんだと思ってもらえると、何かしら道が開けるのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る