一院でもミーティングや話し合いは大切ですね。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「前々から思っていましたが小さなチームでも話し合いが大切」です。

最近、家は子供もたまり場になっています。

土日は、自宅に子供が来て運動会をして騒いでいます。

私は部屋にこもってマニュアルのチェックや評価制度の運用の勉強や未来構想や新人研修の見直し・・・

やること山ほどです。

イヤフォンで、アルファー波がでる音楽を聞けばどこでも仕事はできますね。


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


最近社内に小さなチームが出来つつあるのですが、

今年中にさらにそのチームを増やします。

部門というか係りみたいなのを創る予定です。

最近会社っぽくなってきたと感じます。

 

 

 

僕は話し合いを定期的にすることで時間を有効活用しています。

定期的に固定でランチや夕食に行き、スタッフといろいろと話します。

そんなに話すことがなくても合えば実は話が深まったりします。

以前一院でやっている時も実はこれを習慣化していました。


僕が、福岡で働いていた時に、定期で固定で話しあいをせず、気になったら集まって話すようにしていたのですが、すでに手遅れだったりみんなが意欲的に話さないなどがあり、

開業した時から、業務外の時間で話し合いというのをするようにしていました。

個別面談みたいなイメージですが、そんなに重くはありません。


しかし、グループコンサルをしている先生で一院でやっている人がいるのですが・・・

基本的にやっていないことが分かりました。


何時でも話せるからいいだろう。


それが理由でした。


僕は、改まって話す時間をあえて作っていたので、不安にならないのか不思議で仕方ありませんでした。


そして、私は会社も現在5つ代表をしているのですが、(いつの間にか5つになっていました)

必ず月に一回がっつりと、月に一回チェックの日を設けています。


もし前日に電話でがっつり話していても、関係なしで、話し合いはします。


昨日話したから今日話しというのは基本的にはありません。
前日に明日の話し合いは今日にしようと予定変更の場合は別ですが


でもこれでチームが簡単に運用できます。

やれば、わかるのですが、改まって話すと今まで聞いたことのない話をしたりもします。


ちなみにこの前僕は、院長両方に、いつ独立するのかの開業時期を明確に尋ねました。


実は来年二人院長が独立します。

でも、今はそれをわかっていたので、(スタッフみんなと僕)


すでに院長教育をしています。


副院長を院長の動きをしてもらって、院長はマネージャー的な動きをしてもらっています。


うちの場合は基本的に独立して、大成功したいという人が来るので、独立はある程度仕方ない事です。

独立して一年かけて準備してもらうので、ほぼうまくいきます。

今後は、独立するのももっと力を付けないとうまくいかないので、7年くらいで独立して大成功するような評価制度を考えています。

話は戻りますが、定期的に話すとこんな話ができます。


計画が立ちます。

チームの動きと準備を早くできます。


話し合いは基本的にスタッフとお互い質問しあう感じです。


結構楽しいです。

酒好きにはお酒飲みながら酔拳で話しますm(__)m


皆様も楽しく話し合いを定期固定化をして下さいねm(__)m

色々見えますよ・・・・

初めは社員が本音で話してくれないとは思いますが・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 12.05

    求人革命!?

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る