大分のNo1の売上知名度を誇るケーキ屋さんの倒産の理由

この記事は1分で読めます

本日のテーマ「大分のNo1の売上知名度を誇るケーキ屋さんの倒産の理由」です。

9月2日の募集7月2日朝7時からいよいよ開始します。

早い者勝ちですよ!

私が皆様の奴隷になります(^^)/(言い過ぎですね。)

楽しみに~

次のメールが募集開始のメールになります!待って居て下さいね(^^)/


おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。



売り上げが1億7千万円もあったケーキ屋さんがなぜつぶれてしまったのか、前回の続きからお話しいたします。


そのケーキ屋さんのピーク時の年商は2億7千万円で、その時代は週休二日だったそうです。

単純計算で1日に100万円の売り上げがあったことになります。

そして倒産した4月の売り上げはどうだったのかというと、1日50万円だったそうなのです。

ケーキ屋さんで1日50万円も売り上げを上げていれば倒産することもなかったのではと思われるかもしれませんが、倒産した原因は・・・・・

 

 

ケーキ屋さんが失敗したのではありません・・・・

ではなぜ倒産したのか?

それは・・・・
カフェ事業の失敗でした。

このカフェ事業がかなりの利益を食いつぶしていたため、大分でNo.1と呼び声の高いケーキ屋さんが倒産してしまったのです。

知名度も人気も高く、私の家の近くにも店舗があり子供たちのためにケーキなどを買っていたのですが、なくなってしまったのがとても悲しいです。


私はこの倒産から多くのことを学びました。


本業以外で、特に店舗を作ってしまって失敗したという話はよく耳にします。

皆様もそういった失敗をしないように、本業以外の事業には特に慎重にやっていって欲しいと思います。

倒産から様々な事を学べますね・・・・・

明日は我が身だ・・・と思って経営をしたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る