お前人育ててないよな!と言われました。

この記事は2分で読めます

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。


おはようございます!!

先日友人と、お酒を飲みながら話をしているとき

彼からあることを言われました。

それはどんな事かというと・・・

「とくちゃんは、人を育てているという訳ではないよね。」

っと・・・。

これ、実は僕にも自覚がありました。

 

 

音声はコチラ

http://doctor-ex.jp/Lc391/71771


うちから、卒業していった方達
中津の整骨院を開業した元スタッフ
佐伯の整骨院を開業した元スタッフ
今ネットでホームページを担当している元スタッフ
去年末に個人自供主となり今、うちの集客担当をしている元スタッフ


皆さんと、今でも結構親しくしているのですが
みんな、基本的にはうまくいっているのですね~。

むしろ、ぼくよりもうまくいっているのですね~。。。(笑)

よく僕は周囲から言われます。
『先生が育てた方ですよね~』
『どうやって育てたんですか?』

と言われるのですが
僕自身、育てた、という記憶はなく・・・(笑)


友人の彼からも同じことを言われ

「育てている訳ではないよね。」
そうだよなあ、育ててないなあ、なんて僕も思い自覚はあるな、と感じ

彼が明確に言葉にしてくれました。
「とくちゃんは、場を提供することが好きなのではないかな(^^)」


要するに、変わるのは本人しか出来ないことだしそんなことはわかっている。だから場を提供する、チャンスを与えることが好きなのではないか。
こうしろ!ああしろ!
と1から10まですることよりも場を与えチャンスを与え
そういう役割をしているのではないか。


・・・と。


僕自身も自覚があることで
人は自分自身が気づかないと変わらない
自分自身が問題意識をもって、ここを変えよう、ああなりたい

と思えないと

いくらこっちが押し付けても変わらないことだと思います。


僕自身が押し付けられることを嫌うからです。

これを、彼からこうやって言葉にしてもらったことで
明確にわかったので
これからもスタッフにはどんどんチャンスを与えたい、場を提供したい

そうしていこう!!と思っています。

そして、スタッフ自身が考え、自立したスタッフが育つようにしていこうと思いました。


これまでは感覚でやっていたことを
これが感覚ではなく明確に行動に移せるような気がして

これから、スタッフが更に成長していくのではないかな、と楽しみも増しました!(^^)!


今うちのスタッフで
僕が育てたというヒト

ヘタすれば、一人もいませんね・・

しかし場を与えています。

新人教育は僕が携わっていますが

『とくなが社長に、僕は、私は育ててもらいました!!』というスタッフは一人もいないと思います。

将来考えたときに、時間差で気づいてくれるのでは?と思います。

環境を提供してくれてありがとう!

チャンスを与えてくれてありがとう!

そうなるのがいいのではと思います。

今はスタッフみんな、
スタッフ同士で育ててもらったと言うと思います。
僕は場を提供出来たという感覚があったのでこれが今後意識して出来るといいなと思います。


その代り、しっかりと見届けるということをしなけれないけません。

少しおかしいな、
成長の方向が違うのでは??
と思ったらしっかりと指摘するようなカタチでやっていこうと思います。

みなさんはいかがでしょうか?

しっかりと育てるタイプでしょうか?
場を与えるタイプでしょうか?


僕は場を与えることが、僕の情熱であり人が
自然と(僕が育てたわけではないのに)
人が育っていくという環境が出来ているなあと感じています。

僕よりも周りがどんどんどんどんうまく行っていくことって嬉しいですね!(^^)!

飲みに行ったり時なんておごってくれたり(^^♪

いい関係が築けています!

皆さんも一度振り返ってみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る