あいつなんか死ねばいいのに。

この記事は2分で読めます

本日のテーマ「あいつなんか死ねばいいのに」です。

当院の売上30%が簡単に上がった内容。仕組みをお話するセミナー・・・・

業界がまた変わってしまうかもしれません。

プリペイドも結構業界では、かなり前方行っていますが、

紙芝居を作ったのは当院が初めてではないかと思います。

ちなみに、私はセールスのスキルは死ぬほど勉強しているので、

基本的にどんなものでも販売出来ます。(もちろんいいものだけですよ。)

売れないと悩む経営者は多いのですが、

私は、誰でも販売できるし、さらにスタッフの誰でもどんな人にでも販売できる仕組みを作ることもできます。

私と同じ営業力を持った方は量産する事ができるのです。

ちなみに今回の紙芝居は、説明する営業資料のようなものではありません。

要所要所に、大切な質問を入れています。

その質問の回答次第で患者様がどんな状態なのかが分かってしまいます。

患者様もこれをやりたい!!!!と2~6万円(ちなみに8万円とかもたまに出ますが、、、あまり基本的にはお勧めしていません)の金額をお支払い頂けます。

入社一年未満の、以前働いていた整骨院が、健康保険100%で自費を行っていなかったスタッフでも、

販売出来ました。

そんな誰でもできる仕組みを皆様へ・・・・


一応15名限定にしようと思います。

早い者勝ちです!

お楽しみに~~

http://doctor-ex.jp/Lc391/14621



おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

大半の人は自分では変えられないことで悩んでいるというお話をします。

前述のとおり、人は自分では変えられないことで悩むことが多く、特に多いのが自分と他人を比較したときに浮かんでくるものです。

少し考えてみていただきたいのですが、目の前の人が一瞬で自分の思った通りに変わってくれたら、誰も悩まずに済むと思いませんか?

「こうしてくれたらいいのに、ああしてくれたらいいのに」という他人に対しての期待が、その人の悩みや不満につながっているのです。

 

 

夫婦関係や職場でも全く同じです。

私が開業する前、ある大きなコンサルティング会社のセミナーに行くことがありました。

そこではマネジメント、スタッフ教育がテーマだったのですが、そこで講師の方が言った一言で忘れられないものがあります。

それは「期待するより、頼りにしよう」という言葉でした。

どういうことかといいますと、「上司は部下もしくは同僚など、自分以外の人に対して期待をしているが、ほとんどの場合自分の期待通りになることはない。自分の期待通りにならないから不満に感じてしまう。」ということだそうです

それ以来、私は今もそうですが、スタッフには一切期待はしていません。

期待していないということはスタッフにも言っています。

「みんなには期待は一切していない。だけど、頼りにはしているよ。」と。

自分の奥さんやスタッフなど、周りの人たちに期待されればされるほど、それがプレッシャーになり、その人も一生懸命期待に応えようとしますが、残念ながら周りの期待と自分の思っていることが違うことが大半なのです。

ですので、結果的に周りの期待を裏切ってしまうことにつながるのです。

つまり、期待しないということは非常に重要なことなのです。

期待していなかったけど、良い結果を出すことができれば、それは「ありがとう」に変わります。

期待がなければ感謝が周りにあふれてきます。

ですが、期待が周りにあふれていると、今度は「当たり前」が蔓延し始めるのです。

「ありがとう」の反対は「当たり前」ですから。

期待に応えて当たり前、でも応えられなければ不満になり、期待以上でちょっと褒められるぐらいにしかなりません。

この考え方は非常に重要だなと思ったので、今回皆様にもお伝えすることにしました。

自分自身には「期待して頼りにして」もいいですが、スタッフには「期待はしないけど、頼りにはして」あげると、いいのではないかと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る