整骨院の先生と言うか・・・・・人の特性がわかりました。

この記事は4分で読めます

整骨院の先生、ほとんどの人は、明日から儲かるものしか興味がない・・・・・     1、明日から実践して即売り上げに繋がる!とか・・・・   2、セミナー受講後に1ヶ月で200万円の売り上げアップを保障します!とか・・・・・   3、スタッフでもすぐに実践でき、売上アップは誰でも簡単!そんなノウハウとか・・・・・       厳しいようですが、私が思うに、   「だから、経営がいつまでたっても安定しない、長続きしないのです。」         確かに、明日から即売り上げが上がるものは、かなり魅力的です。       私もそんなノウハウはいくらでも持っています。       しかし、もしそれがただブームに乗っているだけのものでしたらどうでしょうか?       ブームは怖いですよ・・・・・・     以前流行った、「白いたい焼き」。     全国的に流行ったたまごっち。       整骨院でもありましたね・・・・OOダイエット、OO式治療、OO式施術、OO式矯正・・・・ *ものにもよりますが、労力の割に収益が悪く、ほとんどの方がやっていません。       一時間2980円マッサージ。 *まだ流行っていますが、都心部は潰れるところ続出です。     酸素カプセル。 *生産性があまりに悪く、ほとんどの所が今稼働していません。       今やっている人は正直ほとんどいません。       長期的に考え形を変える必要があります。       しかし、ブランディングは、明日から出来るものではありません。       時間がかかりますし、資金もかかります。       だからみんなブランドを気づけないまま衰退していくのです。       整骨院の業界は、何個分院を持っているかで、すごいとかすごくないとか、勝ち組負け組と分ける傾向があります。       確かに分院をたくさん出すことは素晴らしいことですが、私はそこに価値を感じていません。       私は分院は出しても3つまでと考えていますし、それよりも、整骨院の事業を加速させる、レバレッジになるような異業種への参入の方が価値があると感じています。     分院を沢山だしたいと思っている方はたくさんいます。     そんな方に、私は、いつも聞きます。       「何の為に分院を出すのですか?」「なぜ分院を出すのですか?」         この質問だけで、その方の意味と価値が分かります。       ほとんどの方は、「自分が儲かるから」という想いがあります。       中には「スタッフにチャレンジさせる為」という完全な嘘を目を泳がせながら言う方もいます。     そんな先生は、分院を出しても確実に成功できないでしょう。       私は、異業種に行くのも、分院をあと一つだけ出すのも、     「社員のここでずっと働きたい!開業するよりもここにいる方が楽しいし、給料的にも時間的にもここにいた方がいい!自由だ!」     と思えるような、       「「「日本一働きたい整骨院のモデル院を創る」」」という想いから行動しています。       週休二日の8時間労働で、有給も社会保障も福利厚生もしっかりとする。         これは志の小さな方ではできません。       さらに、分院をたくさん出すと確実にこの事はできなくなります。       だから私は、分院は3つまでと決めています。       それ以上分院を出すと確実に一人あたりの生産性が下がりますし、そうなると確実に時間の自由、金銭的な自由をスタッフに還元する事が出来ないでしょう。     ですから分院は、何年後に出すと言うのをあえて決めておらず、     自分の納得する週休二日、八時間労働、有給、社会保障、福利厚生、スタッフ平均年収400~500万円くらいになったら、     2~3年それでは知らせで完全にスタッフが「いい加減分院出させてください!僕が院長をします!」と2~3人が言って来たらやろうと思っています。         ちなみに全国でこんな整骨院は聞いた事がありません。       だからこそ私は達成する義務と意味と価値があると想っています。         この私のミッションは、長期的に考えること以外有りません。       明日から即できるものでもありません。       ですからブランディングには徹底時間と資金を掛けます。       今すぐ儲かるも二には注意を払います。       ブランドを完全に築くと長い間色々な展開がしやすいと分かっているからです。       確固たるブランド構築が、まだ必要だと私は思っています。       話は長くなりましたが、整骨院の先生は、このブランド構築を考えないまま、今すぐ儲かるものに食いつきます。       結果ブランド構築できまいまま、商品を変えに変え、患者さんが何をやっている治療院なのかが分からなくなってくるのです。       人よりも高いところから事業を見る。       人よりも一歩も二歩も三歩も先を見ながら行動する。       この視点が整骨院の先生には欠陥している方が多いと私は最近思います。       今回のセミナーがまさにそうです。     今まで行ったセミナーで一番と言っていい程参加者の人数が少ないです。     私はそれを見越して、20名限定にしていました。         明日から儲かるものではなく長期的なものです。       しかしこのブランディングが成功したらどうなるでしょうか?       想像すると面白いかも知れませんね!(^^)!         お陰様で、明後日のセミナーは満員となりました。     ありがとうございました。     会場も変更いたしまして、少し余裕をもってゆったりと座れるようになりました。     実は少し参加人数が超える事も予想しており少し会場を大きいところを取っておいて正解でした。     一~二名でしたら一応まだ入れない事はないので、参加されたい方はこれが最後の連絡になりますので、チャンスをものにしてみて下さい。     申し込みはこちらをクリック! http://ws.formzu.net/fgen/S81533622/  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る