売上が上がる=地獄の入り口?

この記事は2分で読めます

最近息子が、今販売を一時的にストップしている、NCテープ(Facebookをご覧になった方はわかると思いますが)

ですが、3男が寝るときにいつも貼っています。

なんか気持ちいらしいです。

完全に体にテープを張って楽しんでいるだけにしか見れませんが、

テープを張るとすぐに寝る。そして。朝早起きするようになったのは事実です。

エビデンスも取れましたし、またあるタイミングで公開しますが、夏まではお待ち下さい。

本日のテーマ「売上が上がる=地獄の入り口?」です。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

よく言われる話

この業界もその傾向があるなあと思い話します。

1年で1億の売上を上げるよりも
毎年1000万円の利益を上げ、それを10年続ける方が難しいのです。

つまり単年の利益を爆発的に上げるより
その10分の1の利益を10年間上げ続ける方が難しいというお話です。

この治療院業界もこの10年で2極化が加速したなあと思うところです。

分院展開組と1院で利益を上げていく院
この2極化です。

そのなかでも今儲かることをやっている方が非常に多いと感じています。

私も今もうかる手法を考えないように気を付けてメニューを考え行っています。

必ず売り上げを爆発的に上げない長く続く手法を実践するようにしています。

その理由は、爆発的に売り上げを上げると必ずひづみがでると思っているからです。

売上を常に過去最高を上げて行く事はできません。

いつもだいたい6、7割でコントロールすることを心がけることが大切ではないか?と思う。
当院も売り上げの異常値としては美容部門に関してはあります。

私は、あんなに売り上げが上がるのは、異常値だと感じています。

その分治療もあがってはいるのですが私的には治療は4割くらいだなあと感じています。

美容に関しては注意を払いながら、メニュー作りをやっていこうと思っています。

売上が上がりすぎること、それはうれしいことですが、地獄の一口の可能性があるということです。。。。。。

気を付けます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 11.24

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る