二年前に会社を潰そうかと思った理由 2

この記事は3分で読めます

前回の記事はこちら! http://kaibutu-consul.com/tokunaga/?p=234 この様々な事件は、 全て同じところからの出所であることが分かっている。         同業のある団体の方、4~5人と、近所の医師です。     *名前もわかっています。警察や行政の知り合いをたどって匿名でもわかるように調べてもらったからです。         妬み僻みもここまで来ると、精神的に強い私ですら滅入りそうになりました。         私も社員を守る為に必死に「こんな事は今だけ!はずれくじ引いただけ」そう自分に言い聞かせて動いていました。         話は戻りますが、その社員が辞めた原因は、         私という人間を、社長と言う人間のファンに社員がなっていなかったということです。         仕事の事をあーだこーだ言う前に、この人の言うことだから間違いないという、社員との信頼関係を気づけてなかった。       社員は仕事が好きで働いているわけではない。         社員は給料がほしくて働いているのではない。         この人の為に頑張りたいと思わせることが私にはなかったと思った。         社長の魅力がなければ、どんな仕事も楽しくありません。         私はその社員の悲鳴に気づかなかった。         もっと話がしたい!もっと社長の事を教えてくれ!学ばせてくれ!         その悲鳴を無視していた自分がいた。         ですので、私は社員が一斉に辞めるという事件から社員とのかかわり方を変えた。         大人数の飲み会よりも、少人数の食事会を多く開催するようにした。       その結果 社員は、社長である私の過去を知りたかったり、仕事以外に事に興味がある事が分かった。         仕事をどんな考えでやっているかと言うのは、社員にとってはあまり興味のない事だということが分かった。       徳永は私生活で、どんな事をしているのか?         どんな人物なのか?       徳永がどんな恋愛をしてきたのか?       小学校・中学校・高校・専門学校の時に、どんな感じだったのか?       どんな友人がいたのか?       どんな経験を今までしてきたのか?         そんな親友しか知らないような内容に興味がるとこが分かった。         当時の私は大切な事を忘れていた。         社員からは、良く雲の上の存在と言われていた。       仕事どうこうよりも、自分をもっとさらけ出そう。         もっと徳永と言う人間を知ってもらおう!         そう思った。         その追求をしているうちに、今回私の本が生まれた。         社員と深くかかわるようになって、社員とのコミュニケーションはこうあるべきだというのを最後章につづった。         私の失敗から生まれたこの魂のこもった本を皆様是非読まれてください。         私の想いがこんなに詰まっているのもはありません。   今月徳永が一番押したいものはこれ!    一時募集していませんでしたが、人数制限が有る為、一時募集していませんでした。   申し込み者との手続きも大体落ち着いたので、再募集です。   徳永のどの院でも使える年間1000万円以上の交通事故患者集客術をコンサルもします。   問い合わせ無料で相談にのります。是非待っています。   私のコンサル方に価値を感じ申し込みして頂いている感じですね<m(__)m> どちらかと言うと・・・・・ http://kaibutu-consul.com/tokunaga/?p=163         ちなみに この本はもうすぐ増刷されると思います。 初版には、実は隠された、ミスがあり、それに気づけるかも知れませんね<m(__)m> 是非<m(__)m> 今すぐご購入を! http://amzn.to/1fkCrrT 書籍公式サイトはこちら! http://yaruki-switch.jp/ クイズが好評です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.7.9 東京
『自費移行フォローセミナー』開催

2017.7.23 名古屋
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.7.30 福岡
『徳永式治療院売上UPセミナー』開催

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る