スタッフの施術定期チェック

この記事は1分で読めます

プロテインの大切さを最近感じます。

タンパク質不足は筋力の低下をもたらす。

改めて栄養の大切さを実感しました。

大して運動もしていないのに、筋肉がついてきました。

朝、5時半から息子と走るくらいなので・・・・

それでも筋肉は日常生活でつくもんですね・・・・・

ちなみに、自社開発でプロテインを作ろうと思っています。

本日のテーマ「スタッフの施術定期チェック」です。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

スタッフの治療の定期チェックをしています。

これをして気付いたことがあります。

治療の統一というのは結構難しいのだなあと感じました。

開業12年になりますが
治療を統一しようと色々やってきましたが治療はあえて統一しないというのもありなのだなあと感じました。

治療ベースは同じなのですがなぜ統一すべきでないのかというと
患者さんの症状は日によって変わるのですね、前回と同じ治療をすべきなのかというところなのですが
これは同じ治療をするべきではないと思います。

患者さんに良くないと思うからです。

例えばうちはスタッフ指名制、これ固定制ではないので
初めて入る時には症状を3分程度診て
今日はこういうやり方で治療を開始してみたいと思います。

と一言告げて
「今日は」このやり方をする
という部分を統一したのです。

それをすることで患者さんの日々の変化に対応することも出来ましたし
スタッフによって
あの先生がいい、この先生がいい

というようなことがなくなったのです。

これはすごいヒントだとわかり
あえて
統一しなければいけないという呪縛から解かれました。

少し違う視点から診て、患者さん目線からも自分の院をみてみてくださいね


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る