スタッフの「人を信じて!仕事は疑え!!」

この記事は2分で読めます

スタッフに仕事を任せるのは重要です。   しかし、任せ方にもいろいろあります。   私の思う仕事の任せ方について話します。     例えば、企業がスタート当初のまだ若い企業の時であれば   仕事の内容から責任まで全て1人のスタッフに   任せるのも勢いが出るのでありと言えば   ありでしょう。     しかし、これはある程度組織が大きくなってくると   通用しなくなります。     私は実際に体験もしました。   丸投げにして、大変な事態になったこともあります。   ここではその内容には触れませんが・・・     では、いったいどうすれば良いかというと   表向きはスタッフに仕事を任せるが、   裏ではしっかりとその進捗状況を最終的に自分で把握しておく   ということです。     例えばスタッフ教育をNO2に任せるのであれば、   表向きはNO2に任せたという形を取るのは   NO2の成長のためには大事です。   (私はちなみにNo2は創らない経営を推進しています。   みんなから、えっ!って言われますが、それには理由があります。)   しかし、ここで全てを任せっきりになってしまうと   危ないこともあるのです。       例えば一番危ないのはNO2の立場を気にし過ぎて   教育されているスタッフが困っているというSOS信号を   出しているのに、NO2が気付くまで放置して   結局新人が辞めてしまったり。。。     それよりも、任せたからといって   何も言わないよりも、裏(隠れてとかではないですよ。教育者も知っています。)   ではこそっと   新人としっかりと繋がり、言うときは   ちゃんと言う、というスタンスを取るほうが   フォローがしやすく結果として良い方向に   向かうことが多いです。   もし、あなたが今現在   仕事をスタッフに振る時に   全部を任せっぱなしにしているのであれば   例えスタッフの人となりを信用していても、   仕事の能力に関しては少し気を配り、   その進捗状況をしっかりと見守るのも   大事になりますので、気を付けてみてください。   No2を創ってはいけない理由もそろそろ話そうかな~~~     それではまた!(^^)!  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2017.9.10 東京
『美容道場』開催

2017.9.24 東京
『カリスマ経営者養成セミナー』開催

2017.10.15 東京
不妊治療セミナー

mailmag_title

*名前 ※実名以外は削除します。
*メールアドレス *PCメールが最適

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る