お前技術知ってるの?

この記事は2分で読めます

当院の社員教育の一部はこれを使っています。
この考えのもとチーム作りを行い、「絆」が生まれました。
自立したスタッフを育成したい方は是非お読みください。
自分の小さな箱から脱出する方法
http://doctor-ex.jp/Lc391/18291
日常の小さな????から解放される箱の法則
http://doctor-ex.jp/Lc391/28291

ちなみに9月15、16日でこの本のセミナー講師として、大分市で
かなり濃いセミナーをします。
ここから申し込んでね(^^)/
この考えで院が激変したので、はまって講師までなっていました!
http://doctor-ex.jp/Lc391/38291

本日のテーマ「お前技術知ってるの?」です。

自宅が、最近プライベート治療院と化しています。

1万円くらいで実費治療しようかなって思っているほどです。

おはようございます。

整骨院・整体院・美容整体連動型

一院高収益・社員高還元モデル実践者

最近はネットの誹謗中傷の犯人を裁判を起こし

特定し、損害賠償請求をしまくっている・・・・

「株式会社 怪物」 
 大分の怪物 こと 徳永 拓真(ヒロマサ)です。

先日、コアレを使った自費移行についてのセミナーの講師として呼ばれましたので、久しぶり技術的な講義をしてきました。

話すことは慣れていますし、私の院で行っていることをそのまま話すだけでしたので、特に問題はなかったのですが、セミナーの内容としては技術面がメインで、活用法についてはサブ的なセミナーだったのですが。。。。。

このメルマガを読んでいる方は「徳永に技術のセミナーができるのか」と思われた方も多いかもしれませんが、実は結構詳しいです。

私は柔道整復師の専門学校に行きながら、カイロプラクティックの学校に行ったりしていましたし、技術系のDVDなども買いあさったりしています。

また、自分の院でも技術指導や、姿勢矯正のやり方などを教えている為、施術法に関しては私の技術指導を行いそれが院のベースになっています。

当院の治療のスタッフの中では、私が一番知識があると思っています。(思っているだけ)

また、全国大会に行くような選手に対し、定期的にトレーナー活動もさせてもらっているのでスポーツによる外傷などについてもその場で診たり、その場で痛みを改善することは簡単にできます。

よく息子が足が痛いとかいうので、その場で治して、普通に走れるようになります。

他にも、骨盤の前傾・後傾・ねじれ傾などについてどうすれば改善できるのかという事を、理論的に説明することもできますし、治療もできます。

セミナー参加者からは「まさか、先生から技術の話が聞けるなんて」と驚かれる方が多くいらっしゃいましたが、私として院内で行っている当たり前の事をしたまでなのです。

私自身、いつか技術セミナーをやってやろうと思っていますので、「徳永は本当に分かっているのか」と疑いの目を持ちながら、いつかのセミナーに参加していただけたら嬉しいです。

一応わかっているつもりです(^^)/


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

セミナー開催情報

毎週水曜日 大分
『最強のチーム作りセミナー 』開催

2019.11.3
10年後の経営セミナー 2020

2019.12.1 東京
第5期 カリスマ養成塾 2回目

この動画は有料級のものをテスト的に公開しております。告知なく公開を中止する可能性もありますので、興味がある方は今すぐ上記の画像をクリックして動画をご覧ください!

大分の怪物 徳永拓真

株式会社 わ 代表               株式会社 怪物 代表                                   24歳の時に、大分県大分市にたった20坪の    「とくなが整骨院」を開院させる。                             開院当初から結果を出さざるを得ない整骨院経営の知識・戦略に長けており、スタッフや患者とのコミュニケーションが円滑に進むマネジメントを行ない、 たった2年で、一院1億2000万円を売り上げる整骨院を作り上げた。                                   その後、整骨院専門コンサルタントとして 株式会社怪物を設立。                                                  現在では全国を飛び回り、数多くの整骨院経営のV字回復に力を注いでいる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る